イノベーションピッチコンテストで『最優秀賞』を受賞しました。

大阪市・大阪イノベーションハブ(OIH)主催「シンガポール・イノベーションツアー」最終日、ビジネスプランのピッチコンテストが開催されました。

ある人は、技術支援を受けるために。ある人は、資金調達の糸口を探すために。また、ある人は海外市場におけるメンタリングを受けるために…思い思いに、英語でのプレゼンにチャレンジします。

審査員は3名。

(当日の席順)といった、各業界を代表するような方々。

VCの観点から、デザインの観点から、そしてアカデミックの観点から意見をいただけました。

その結果は、大変嬉しいことに最優秀賞を受賞することができました。さらには「日本に帰る時には、一緒にビジネスをしたい」とのお言葉まで。

これまで出場してきたビジネスプランコンテストと比べ、規模は小さいながらも、今回のピッチイベントは特にモチベーションに繋がり、背中を押していただけたように思います。

その理由は、一つは国を跨いだ事業でも一定の評価をいただけたこと、そして、並み居るベンチャー企業をこれまで吟味し尽くしている方から、応援の声をかけていただけたこと。

今回のシンガポールツアーでは、地域と世界をブリッジするため、アジアで活躍する様々な企業やシンガポール国立大を訪問し、ネットワークを作ることができ、また街全体でダイナミックに起こるイノベーション、エコシステムの形成を見聞きしながら、デザインの生み出すパワーを肌身を持って体験することができた非常に有意義な時間でした。

そして何より、現地で本当に素晴らしい方々と出会えたこと、具体的に次の事業ステップへ進むためのアイデアがいくつも見つかったこと、一言では語りつくせない大きな経験となりました。