We make
”ad-lib” works!

すべての人々が #実は、こんなことをしたい!と楽しく語りあえる世界の実現に向けて、新しい働き方のスタンダードを提言しています。さあ、あなたは10年後に何をしていたいですか?

会社概要

会社名株式会社アドリブワークス
(英:adlibworks inc.)
設立2018年3月12日
関西事務所〒651-0093
兵庫県神戸市中央区二宮町1-4-7
リーガル三宮東ビル602
四国事務所〒794-2305
愛媛県今治市伯方町木浦387-1
役員代表取締役 CEO 山岡 健人
取締役 CTO 吉川 拓希
事業内容オンラインコミュニティ「triven(トリブン)」運営事業
新事業開発支援事業
共創プロダクト製造小売事業
取引先

今治市
愛媛県
公益財団法人えひめ産業振興財団
神戸市
株式会社神戸新聞社
渋谷区
株式会社博報堂
PwCコンサルティング合同会社
ほか
|50音順

 

アクセス

阪急「神戸三宮駅」JR「三ノ宮駅」阪神「神戸三宮駅」より徒歩約10分。お車での来社はご遠慮ください。

株式会社アドリブワークス
〒651-0093 兵庫県神戸市中央区
二宮町1-4-7リーガル三宮東ビル602
TEL.078-891-3889

新しい働き方への準備期間は、
すべての人に等しく始まっています。

代表取締役社長山岡 健人

『自由な人生』って、なんだと思いますか?

言い換えると、あなたが「自分は何者か」を誰かに伝えるときに、何をモノサシにしていますか?企業に就職し、これまで築いてきたキャリア。その先にある未来だけを「自分の姿」と思い込んでいませんか?

でも本当はそれだけではないはず。実はイラストを描けるようになりたくて夜練習してるんだ。実はプログラミングの学校に最近通ってるんだ。実は農業にチャレンジしてみたいんだ…。人間、誰しも“やってみたい”を持っています。好奇心は、人だけが持てる、そして誰もが持っているものです。寝るのが好きな人もいます。お酒を飲むのが好きな人もいます。極端に言えば、そんな24時間全ての時間が、自分を織りなすものであるはずです。

「本当の自分は、こうなんだ!」と確信でき、そして誰かに話すことができ、共感する人に「一緒にやりませんか?」を言える。そんな人生を、私は『自由な人生』だと思っています。

実はこれをやってみたい!という情熱は、言い換えれば、お金を得る・得ない関わらず「起業」です。起業や副業に取り組もうと思っている人は年間約150万人いるとされます。しかし実現できているのはたった10%しかいません。なぜ、残り90%つまり135万人は一歩踏み出せなかったのか?人それぞれ、いろんな背景があると思いますが、最も大きな理由の一つに”トライアンドエラーの場が無いこと”が挙げられます。起業は一発勝負。そしてお金・能力・時間、その全てがとにかく必要と思われています。成功したら儲かる、失敗したら借金になる。言い出しっぺがぜんぶ責任を負う。もし、あなたが一歩踏み出せない理由にそんな壁が存在しているなら、いますぐ壊してください。

シェアリングエコノミーという考え方が、もう日常に浸透しています。人生に必要とされるものは全て持ちたがった時代から、人生をより彩りあるものにするために、不要なものはみんなで持ち合う時代へ…。これは、実は起業や副業にも同じ考えを適用できます。

「とにかく熱狂的にアイデアを持っている人」
「スキルがあって、優れたアイデアを作る手伝いをしたい人」
「そうやって生まれた商品やサービスを買いたい人」

3つのそれぞれの立場が同じコミュニティにいながら、ときには立場を変え、ヒト・モノ・コト・カネをシェアしながら新しい価値を生み出していく。そして、それぞれの立場から自分自身に新しい「実はこれをやってます・やりたい」というラベルを増やしていく。リモートワークが当たり前となった現代では、そんな世界が目の前に広がっています。

私たちは、インターネット上で起業や副業を通じて自由な人生を誰もが選択できるようになるコミュニティ「triven(トリブン)」を運営しています。そこには、上に挙げた3つの立場の人々が集い、日々、新しいモノゴトを生み出すチャレンジを繰り返しています。みんな、気負いはありません。たくさんのことを想像し、面白いと思った人が集まり、ダメだったら次へ。とても気軽なトライアンドエラーの場所になっています。

「あなたは何ができるの?」の問いに、
誰もが自信を持って答えられる世の中へ。

今から10年後、「プロジェクト型」社会が当たり前になると多くの人が言っています。会社からミッションを与えられ、クリアし、報酬を得る、そんな働き方ではなく「あったらいいな」という願いに対して、これを解決できる人が会社や組織の垣根を超えて集い、作り、そして解散する。これを繰り返す。そんな「○○プロジェクト」、あなたの近くにもあるはずです。

どんなに小さなことでも今から始めれば、その世界のNo.1になれるかもしれません。でも、これが1年後、2年後ではどうでしょうか。もう、新しい働き方への準備期間は、すべての人に等しく始まっています。皆さんの心にあるものへ真剣に向き合い、大事に育むためのサポートを私たちは全力で行います。

Do you want to make
a good ”ad-lib” in your Journey?

地域の枠を超え、全国各地の企業・団体・個人の皆様とのオープンイノベーションを求めています。ぜひお気軽にご連絡ください!

会社沿革

2017年

6月
  • アドリブワークスを創業
9月
  • 中小企業庁 ふるさとプロデューサー就任
  • 全国各地のプロジェクト企画・実施に携わる
12月
  • 伊予銀行主催ビジネスプランコンテスト「一次産業活性化賞」受賞

2018年

2月
  • 共創型の新しい働き方をビジネスモデルとして設計
  • 経産省主催ビジネスプランコンテスト「中小企業庁長官賞」受賞
3月
  • 株式会社アドリブワークスを設立
9月
  • OIH主催シンガポールイノベーションツアー「最優秀賞」受賞

2019年

6月
  • ワーケーション・コンソーシアム・ジャパン設立 共同代表に就任
9月
  • trivenの前身サービス「workators(ワーケイターズ)」をリリース
  • 日本航空と共同で新しい働き方の実証実験を開始
12月
  • 日経新聞主催スタ★アトピッチ「りそな銀行賞」受賞

2020年

3月
  • 池田泉州銀行主催コンテスト「オープンイノベーション賞」受賞
7月
  • 共創オンラインコミュニティ「triven(トリブン)」β版リリース
  • 愛媛県による創業支援事業「愛媛・グローカル・フロンティア・プログラム」の公式コミュニティとしてtrivenが採用される
8月
  • 日本航空との共同事業「JALワーケーションプログラム」を発表
  • 全国各地の事業者とJAL社員の交流をコーディネートするコミュニティとしてtrivenが採用される
9月
  • 共創オンラインコミュニティ「triven(トリブン)」β版リリース
  • 神戸市・神戸新聞社と共同でANCHOR KOBE課題解決プログラムを開始。公式コミュニティとしてtrivenが採用される
10月
  • 今治市ワーケーション推進事業にパートナーとして参画
  • 地域事業者とワーケーション参加企業の間を取り持つコミュニティとしてtrivenが採用される

2021年

4月
  • 兵庫県・神戸市よる「スタートアップ補助制度」に認定
  • 神戸市へ拠点を進出
5月
  • 神戸新聞社の運営する知的交流拠点ANCHOR KOBEの会員用コミュニティとしてtrivenが採用される

 

TOP
TOP