パネリストとして働き方改革イベントに参加しました。

東京・九段下にて、「働き方改革に対する意識のギャップ」と題し、㈱東急シェアリングさま、㈱NI-WAさま主催のトークイベントへ、弊社代表の山岡がパネリストとして参加させていただきました。

ファシリテーターは、『絶望の国の幸福な若者たち』『さよなら、平成くん』など、
数々の作者で知られ、最近テレビで見ない日はない社会学者の古市憲寿さん。

本当に若者が欲している働き方改革とは何なのか。経営者目線の働き方改革とは何なのか。会社、役職、年齢など関係なく、若者と経営者の間にある働き方改革に対する意識のギャップを明らかにしていきました。

開場は、歴史の深さと荘厳な趣を肌身で感じられる「kudan house」。とても良いところでした。

軽井沢リゾートテレワーク協会×古市憲寿×ピョートル・フェリークス・グジバチ 経営者VS若手、働き方改革に対する意識のギャップ

詳しくは、こちらの記事にレポートされていますので、ぜひ御覧ください。