JALとアドリブワークスが“New Normalの新しい働き方”を探求!「workators(ワーケイターズ)」で地域共創をコーディネートします

株式会社アドリブワークス(本社:愛媛県今治市 代表取締役:山岡健人)は、日本航空(本社:東京都品川区 代表取締役社長:赤坂祐二 以下 JAL)と共同で2020年秋以降、地域と共創型の「New Normalな新しいワークスタイル」の検証を行います。当社の運営する共創促進コミュニティ「workators」(以下、ワーケイターズ)により、日本各地で挑戦を続ける事業者の方々とJAL社員の方々との縁を結び、地域の関係人口創出や労働力向上による地域活性化へ貢献します。

URL: https://www.workators.com

●2020年10月頃~ 地域における検証
●2020年12月頃  中間報告会
●2021年4月頃  最終報告会

※新型コロナウイルス感染症の状況次第では変更になる可能性があります。

  • ■検証プロジェクトの概要(JALプレスリリースより抜粋)

<概要>
新型コロナウイルス感染拡大を受け、通勤を前提としていた働き方からリモートワークの活用が必要となり、一時的ではなくwithコロナ、afterコロナを見据えた働き方の変容への対応が課題となっています。また、これまでも日本全体では、特に地域における労働力人口の減少が喫緊の課題であったことを踏まえ、一人一人が時間と場所に捉われない働き方を実現していくなかで、これらの課題を今だからこそ考える機会とし、当検証を実施します。

まずはJALの社員が各地を訪れ、ワーケーションの実施とともに、社会貢献活動に参加することで、地域の求めるニーズを把握し、地域の関係人口創出や労働力向上による地域活性化について考えていきます。そうした地域について考える体験を通して、感性を養い、自己成長に繋げるとともに、地域と共創型の新しい働き方・休み方の発見につなげることを目指します。そしてwithコロナ、afterコロナを前提とした長期的視野に立ってみた「New Normalな新しいワークスタイル」のあるべき姿を検証します。

<共創予定エリア>
岩手県/石川県/兵庫県/愛媛県/宮崎県
※半年の期間をかけて実施をしていくため、今後、地域や実施内容については拡充予定となります。
※各地区において計5~10名程度が複数日に分かれて参加することとし、少人数の参加を前提としています。

プレスリリース全文はこちら>>
https://press.jal.co.jp/ja/release/202008/005710.html

  • 共創を促進するコミュニティ『ワーケイターズ』について

今回の取り組みでは、①日本全国で事業に取り組む『地域の事業者』と、②地域の魅力に触れ、ワーケーションを通じて地域事業者の取り組みを支援する『JAL社員』の2者のコラボレーションを促進する、オンライン共創コミュニティとして特別にカスタマイズし、運用されます。

 

新型コロナウィルスの脅威にさらされ、人々の「働く」意識に大きな変化が見られています。

多くの方が強制的にリモートワークを経験し、場を限定されることなく仕事することへの有用性を実感しましたが、その一方で、この変化の裏に「混乱の中、何もできないことに不安を覚えた」「自分の将来を真剣に見直す必要性を感じた」と言う声も多く上がっています。

そのような背景もあり注目を集めているのが、ワーク(働く)とバケーション(休暇)を組み合わせたライフスタイル「ワーケーション」です。私たちは創業以来、ワーケーションが生み出す新しいライフスタイルについて「ただ場所を変えて働くこと」ではなく「そこで何を生み出すのか」の方が重要と提案し続けてきました。

感染収束への兆しがなかなか見えない中、with/afterコロナの未来を考えたときに、今から何が準備できるかを一人一人が考え、それぞれの希望を見つけ出すことが大事では無いでしょうか?日本全国には、新しいモノゴトに取り組むチャンスが数多く眠っています。私たちは、このコミュニティを通じて新しい可能性への挑戦を支援します。

関連記事

TOP
TOP