「養父市版ワーケーション」確立を目指す3者が連携し地域課題解決へ

株式会社アドリブワークス(兵庫県神戸市 / 代表取締役:山岡健人)とCo-Studio(本社:東京都渋谷区、代表:澤田 真賢)は8月10日(火)、ワーケーションを通じた地域課題解決の実証に関して、兵庫県養父市(広瀬栄市長)と協定を結びました。

国家戦略特区である強みを生かし、全国的に定義が定まっていないワーケーションの「養父市版ワーケーション」を確立して参ります。

連携内容は、「国家戦略特区」認定地域の利点を生かし、①高付加価値を生む産業の創出②経営ノウハウを有する企業との連携による、革新的な地域づくりの実現③関係人口化を促す新たな取り組みによる人材育成──などを行います。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

TOP
TOP