新事業開発支援事業

ブランディング

はじめての和菓子「おやおやようかん」

2021年2月〜

with / 株式会社薄墨羊羹

mission

江戸時代創業「薄墨羊羹」が
羊羹の新市場開拓に挑む。

150年の歴史を誇り、過去には全国菓子博覧会の最高賞「名誉総裁高松宮賞」を受賞するなど、数々の名誉ある賞を受賞し、松山銘菓として観光土産や手土産需要として親しまれている薄墨羊羹。昨年から続く新型コロナウイルスの流行により、先述の需要が減少。新たな市場を開拓するべく、今までの商品開発の在り方を大きく見直し、また、これまで紡いできた羊羹を後世に残すべく、子供たちが「はじめて食べる和菓子」として商品開発を始めました。そのパートナーとして、愛媛県の野菜を知り尽くしたえひめ活き生きファーマーズと、地方創生事業に取り組む弊社とタッグを組むことに。

パパママの手間を省きかつ、自分の子供にも食べさせたい安心安全でおいしい商品にするだけでなく、やっぱりおやつの時間は1日の中でも特別なので、楽しい時間になるようなコンセプト開発を行いました。乳幼児への食事は、ついつい「食べさせること」に意識が行きがちですが、楽しい時間も子供たちの成長に欠かせない栄養です。会話のきっかけになるように、商品名を「おやおやようかん」という子供が好きな言葉を選びました。

TOP
TOP